ここ3日の間、折り紙にハマっている

数週間前に図書館で借りた折り紙本「博士の折り紙夢BOOK(朝日出版社・川崎敏和編・著)」を参考に色々作りました。

実用的な箱からスタートして、箱10個、からす4羽、やっこさん2個、袴二枚、のしびな一組、はっぴ一枚、風船一個、鶴1羽を作りました。

最初私は、折り紙は実用性が薄いので、作っただけで楽しめるのか疑問だったけど、作り始めたらはまってしまいました。
作っている間は結構集中できるし、暇つぶしにはいいです。

ただ難易度の高い奴は難しくて私には折れないものが多いです。
以前は折り鶴もどうやって折るんだよこれ!というレベルだったので、複雑な奴は苦手ですね。なので簡単な奴からやるようにしています。

何度も同じものを作り続けていくと上達するのも面白いです。
でも本にはちょっとのずれも見逃さずきっちり折れって書いてあるけど、無理だわ。器用な人は完璧にできるのだろうか?

博士の折り紙夢BOOK

博士の折り紙夢BOOK